運命
2020.05.11
店を早々長くは続けられないなぁ~と考え始めたのはやはり人手問題。
募集しても来ません。
多くの蕎麦屋の後継ぎはサラリーマンになっております。
これでは蕎麦屋の店主自体が魅力のない職業だと認めてます。


夏に入りクーラーをかけて店内掃除をしないと死んでしまいますとパートさんの意見がありました。
夏からは外の掃除は私がやることにしました。
結果的に12月に閉店することになりますから外の掃除は神様のプレゼントでした。
店の前の掃き掃除、気持ちが変わったのは台風のある光景を目にしてから・・・。

明治神宮へ台風15号の翌日に御朱印帳を頂きに行ったのです。
なぜそんな日に行ったのか行こうと思ったのか分かりません。
目にした光景は緑の絨毯、わ!きれい~

でも人の歩くとこは・・。

本殿に近づくと緑の絨毯はありません


もちろん本殿にはいつものように塵一つありません
私の到着が10時頃ですから、何時頃から境内の掃除を明治神宮はやってるのだろうか?
あの広さを思うとすごいパワーです。
そしてパワーを貰って掃除も楽しくなったのです。

ウチの前には大きな栃の木があります。
毎年毎年この落ち葉は栃の木と格闘です。

落ち葉は夏の日差しを助け、綺麗な空気にしてくれた残りです。
そう思えば感謝しかありません。
来年も助けて下さいと・・。
ところが、11月末1枚の紙が栃の木に張られました。
大きくなったため伐採すると・・。
そうなんだ~
来年は瀧乃家と共に育ち見守った栃の木がなくなるのか~
瀧乃家の閉店は抗うことのできない結末だと運命メッセージだと納得したのです。

ならば真面目に閉店をしなければなりません。
最初に思ったことは長年お世話になった栃の木への感謝。
地元の神社氷川神社へ行き相談したところ、
木の感謝も大切だろうけど閉店を考えてるなら閉店の義を行った方が良いでしょう~
そんな義があることさえ知りませんでした。
全て何かに導かれてるような感じです。
神主さん曰く
閉店の義には多くの人が集まる方が良い。
基本的に八百万の神は賑やかさが好きなようです。




お陰様で身内が集まって閉店の義を見守って頂きました。


その後伐採が始まり根こそぎ持って行かれました。



切ったばかりの年輪ですが、木のぬくもりが忘れられません。
トラックバックURL
トラックバック一覧
コメント一覧
コメント投稿

名前

URL

メッセージ

- CafeLog -