DNA
2020.05.05
菓子業から蕎麦屋へのキッカケは駅前の西友ストア。
今や町にスーパーマーケットがなければ町として成り立ちません。
昔はどうでしょう~?
電気事情も今とはずいぶんと違います。
冷蔵庫も家庭に普及してません。
となれば町の知恵として近所に多くの店を持つことです。
私が小学校5年の時、1970年下落合にピーコックストアが初のスーパーマーケットが出店した。

ピーコックストア前の信号から聖母病院入り口前の信号の3つ分の信号約600メートルほどの間に。
八百屋さんが8軒、お肉屋さん6軒、町の市場のマーケットが二つ。
活気あふれる町でした。
その後、土地バブルの影響もあったとは思うけど全ての個人商店がほとんが廃業しました。
あっという間でした。
今では新たに大きなスーパーマーケットができ、コンビニが2軒なったり3軒なったり。
買い物には一度も不自由したことがありません。
ただ蕎麦屋にとっては目利きある八百屋さんがなくなったのが痛かった。

スーパーマーケットの効率的な商売を鑑みれば個人商店など太刀打ちなどできません。
ところがお茶屋さん、
スーパーの棚の1列ほど使ってるんでしょうか・・?
その上下棚には珈琲や紅茶を扱ってます。
普通に考えれば、スーパーのたった一列棚に一家族の生活が掛かる商売って・・・。
淀川長治じゃないけど、、さいなら、さいならですよね
ところが違うんです。
どこの町にもお茶屋さんも蕎麦屋は残ってます。
これって日本人のDNAですかね~


ある蕎麦屋の大旦那さんから聞いた話ですが
昔々、蕎麦屋は町の寄り合い所の側面があった時代。
1丁目とか2丁目とかない時代です。
蕎麦屋でなくとも旨いお酒を出す店は町にとって自慢の一つ。
もし粗末な酒を出そうものなら町の重鎮たちに新たな店を誘致されたそうです。
こわいですね~ふしぎですね~さいなら、さいなら~(笑)


ps

僕が知ってる発展してる町には
必ず三軒の商売がある。
それは古本屋、スポーツ用品店、カバン&帽子屋
古本屋さんは物価が安くないと成り立たない町
スポーツ用品店は子供がいないと成り立たない町
カバンとか帽子は紳士がいないと成り立たない町
これが循環できてこそ良い街じゃないかと思うのです。


- CafeLog -