私の自信なんざ薄っぺらでござんす。
2020.05.19
出前のつぶやきで少し話した。
40年前に出前先のヨウコさんにウドンがマズイと言われ
○○の店に行ってごらんよ!と驚きの発言は私にとって最大のエールでした。

12月31日大晦日の最後の蕎麦を食べたときはヨウコさんへの答えは
何とか頑張って作り終えたような気がしました。
1400円ほどで妹2人と私たち夫婦で4人の年越しそば。
家庭用の鍋で簡単に作り1分ほどの茹で時間。
お客様と同じくするために実は妹に作らせてみたんです。
切れることは全くありませんでしたし十分に美味しかったです。
生蕎麦をずっと売り続けていた少しの不安を最後の蕎麦で振り払いました。

そしてヨウコさんにもやりました!と言える気分でした。

先日、友人のFさんの蕎麦を見たのです。
いつかは食べる、食べさせてもらうとは思うのですが・・(笑)
Fさんはすばらしい蕎麦を打つのです。
全く切れる気配がない蕎麦です。
水回しが完璧です。
初めての蕎麦粉を使って切れない蕎麦を作るって結構難しいんです。


はっきり言って参りました。

聞けばFさんの作る量は500gと言う少ない蕎麦粉
そんな少ない粉で打つと水回しの水分量は誤魔化しができません。

おちょこ一杯の量の違いで繋がる蕎麦か切れる蕎麦かになります。
しかもアマゾンで買った北海道産の粉だそうです。
私には到底不可能で真似のできない芸だと思います。
つまり私が打つと失敗する確率が高い気がするちょっと自信がありません。
粉によって打ち景色が全く違いますから本当に本当にすごいことです。

ある鎌倉の手打ちそば屋の切れ切れの蕎麦です。



本当にヨウコさんにやりました!って胸を張れるのか!お前は・・(笑)

- CafeLog -